期間従業員の求人ですぐに採用されるコツ

subpage01

バイトの面接に行くと、早ければその日のうちに即採用をもらうこともあります。



逆に、2週間くらいが経過してから不採用の通知が届くこともあります。

これは、企業による対応の早さも関係していますが、同じ企業でも相手によって対応を変えることがあります。期間従業員の求人に応募した場合でも、その日のうちに即採用される人もいれば、結果をもらうまで1週間以上もかかる人がいます。この差はどこから来るのでしょうか。

民間企業は利益が目的で経営されていますので、会社に利益をもたらしてくれる人と、そうでない人とで対応に差ができてしまうことは仕方がありません。


企業としては、優秀な人材はのどから手がでるほど欲しいので、優秀な人材が面接を受けにきたら、その日のうちに採用をすることもあります。
あるいは、工場がとても忙しいのでだれでもいいからすぐに働いて欲しいという状況である場合もあるでしょう。
期間従業員の求人ですぐに採用をもらうためには、自分が企業の利益に貢献できるということをアピールできればよいということになります。
そのためには、どのような人材が求められているのかを把握して、できるだけその人に近づくようにすることです。

OKWaveの情報をご説明します。

期間従業員の求人ならば、工場での肉体労働なので、健康的で体力があって、元気がよく、明るい挨拶ができる人が求められています。

さらに、与えられた仕事を責任をもってしっかりとこなせる人物であることも重要です。そのような人物に近づけるように普段から努力をしておきましょう。